ICO - ADA 記事一覧

ADA JBC最新情報

  • ICO > ADA

現在CARDANOプロジェクトには、開発をサポートする3つの団体があります。

1つはスイスに拠点を置くCARDANO財団。

こちらは、コミュニティのサポートを主に行い、プロトコルの監督機関、また教育機関としての役割を担っています。

2つ目はEmurgo

Emurgoはカルダノ・エコシステムを構築するベンチャー企業です。カルダノ・ブロックチェーン・アプリケーションを支援、統合、育成するためEmurgoよりリブランディングされました。

Emurgoは、ブロックチェーン技術が発展途上国にもたらす変革に注目しています。 Emurgoによって資金援助を受け、またサポートされたカルダノ・テクノロジーを基盤とする分散アプリケーションは、 画期的なアプリケーションを構築する可能性を秘めています。

3つ目はIOHK

IOHK2015年にCharles HoskinsonJeremy Woodによって設立されたエンジニアリングおよびテクノロジー企業です。革新的なP2P技術を利用して30億人に金融サービスを提供することを約束しました。IOHKは契約に基づき、2020年までカルダノ・プラットフォームの設計、構築、および管理を行います。

第三世代で独自のブロックチェーン技術の提供を行っているとのことです。

また、CARDANOのエコシステムの中で流通する基軸通貨はADA(エイダ)となります。

Emurgo JBC最新情報

  • ICO > ADA

CARDANOブロックチェーンの商業化を担うチームです。

事業内容としましては、

1、優れたアイディア・技術を持つ企業に対し、株式やトークンの投資を行い、企業の成長をサポート

2、ICOを行いたい企業への総合的なICO関連ビジネスへのサポート

3、ブロックチェーン・スマートコントラクトに関する教育プログラムを整え、大学・教育機関・企業と連携した啓蒙活動

4、企業・組織における事業を支援するためのブロックチェーン関連システムの開発

を主に請け負い、CARDANOブロックチェーンが商業利用されるのをサポートしています。

IOHKが国際暗号学会主催のフォーラム「Real World Crypto 2018」のスポンサーに

  • ICO > ADA

このエントリーを表示する権限がありません。

フィンテックアカデミア オリジナル情報

  • ICO > ADA

このエントリーを表示する権限がありません。

ビットレックスでの取引方法

  • ICO > ADA

このエントリーを表示する権限がありません。

ADAコイントレードは、ビットレックス

  • ICO > ADA

このエントリーを表示する権限がありません。

ADAコイン対策情報局

  • ICO > ADA

ADAコイン対策情報局
presented by fintech academia

ついに、ADAコインの公開が決まり、たくさんの会員様から今後の使用方法についてのご質問をいただいております。
そこで、フィンテックアカデミアの優秀な分析チームが、どこよりも正確な情報をいち早くお届けしていくことになりました。
このような質問が殺到しています。

続きを読む