代表メッセージ

ビットコインをはじめとする暗号通貨はブロックチェーンという技術をベースに生まれた通貨で、
その歴史は2008年に始まりました。

2008年11月に「ナカモトサトシ」と名乗る人物によって投稿された論文
「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」をきっかけに開発が開始され、
2009年1月にビットコインの発行が始まり、
暗号通貨の歴史が始まりました。

ビットコインの発行以降、
ブロックチェーンの技術が次第に認められていき、
数多くの暗号通貨が誕生し、今では暗号通貨全体の市場規模は18兆円にまで拡大し、
世界的にも注目に値する規模にまで発展してきています。

暗号通貨市場は、
ビットコインやイーサリアムといった主要な暗号通貨の時価総額の拡大だけではなく、
新たな暗号通貨が誕生することによって、拡大が続いています。

暗号通貨市場は、
ブロックチェーン技術によりけん引されてきており、
世界中のイノベーターたちが、次々と参入して、
新たな暗号通貨を誕生させてきています。

この革新的なブロックチェーン技術によって、
これまでの企業や権力者の都合によって動かされてきた世界は、
公平かつ信頼できる世界に変換し、
世界を変える能性を秘めています。

私たちフィンテックアカデミアは、
ブロックチェーン、
暗号通貨の正しい知識をご提供するとともに、
新たに誕生する暗号通貨の情報をいち早くお届けします。

みなさまに暗号通貨を正しく理解頂き、
世界で起きている最新の技術革新を把握して頂ける機会を提供し、
日本で暗号通貨がより一層普及するようにサポートしてまいります。

フィンテックアカデミア
代表 沼尻啓志